避妊薬の大事さを知る

セックスをする前に必ず避妊をしていますか?これから紹介する避妊薬は妊娠を防ぐことができますので、まだ子供を望まないという女性は避妊薬を使ってみましょう。避妊薬は妊娠を防ぐだけではなくニキビや多毛症の改善としても活用できる薬となっています。

高用量避妊薬の服用にともなうトラブル

一般に「ピル」ということばで呼ばれる避妊薬にはいくつかの種類がありますが、大きくは高用量、中用量、低用量という3つの種類が挙げられます。なかでも高用量の避妊薬というのは、内容として含まれている卵胞ホルモンの分量が50マイクログラムを超えるものであって、ちょうど50マイクログラムぴったりなのが中用量、50マイクログラムよりも少ないのが低用量というかたちになっています。
高用量の避妊薬というのは、かつての時代には主流であったものの、現在では服用する機会というのはほとんどなくなっています。それというのも、高用量の避妊薬では、微量でも強力にはたらくのが特徴の卵胞ホルモンをあまりにも多く含みすぎているため、女性が服用した際に、さまざまな副作用によるトラブルが起きる可能性が高いからなのです。その副作用の具体的な例としては、吐き気や嘔吐、頭痛というのが典型的なものですが、下腹部痛、めまい、むくみ、倦怠感、胸が張った感じなど、実にさまざまな方面に及んでいます。
それでもかつては低用量の避妊薬が認可されていなかったことから、月経困難症などの治療目的で処方された高用量、あるいは中用量の避妊薬を、トラブルを覚悟で無理に避妊目的に転用することがありました。現在では正式に副作用が少ない低用量の避妊薬が厚生労働省から認可されており、産婦人科などに相談すれば、ほぼ誰でもかんたんに入手できるようになっています。
そのため、現在の高用量避妊薬の使われ方としては、症状がかなり重度な月経困難症、月経前症候群などの治療にあてる場合か、あるいは通常の避妊方法で失敗した後、アフターピルとして緊急に避妊する目的で服用する場合に限られるというのが実情です。